緊急車輌??

今日は夜中に突然サイレンが一瞬鳴り響き、同時に電気衝撃。
少し眠ると今度はパトカーなのか救急車のサイレンが大きく鳴り響く。
通常時のサイレンではなく、緊急時のあおったようなサイレンで、
「緊急車輌が通ります、緊急車輌が通ります」と男の声がながれ、
うちのごく近くで停車。夜中も夜中なのにアナウンスまでして。
当然サイレン音とともに電気衝撃されているのです。
その後はどうなったのでしょうか、まったくサイレンはなりません。

この犯罪の異質なところは、警察車輌がかかわっているところだろう。
毎日通勤時、外出時にあらわれます。
時々、国道沿いのツタヤに行くのですが、店をでると前の国道をパトカー
が緊急時のサイレンをこれでもかと鳴らし、アナウンスしながらかなりの
車をかきわけていくっていうのが、3回はありました。
通勤時にはかなりの車をよけさせて救急車がいきました。
よけている人は人の命のため、よけるのです。
人々は警察や消防の正義をまだまだ信じています。
警察がそんなことするはずがない、と。
警察をなのり、会社や店になにか吹聴されれば、人は疑わないでしょう。

しかし、今の事態を憂う警察官もおられることでしょう。
このままでよい国になるでしょうか?
オリンピックは平和の祭典でもあります。
この国にその資格があるでしょうか?無事にできるでしょうか?

おかしな事件が頻発しています。
かなりの人間が私への嫌がらせのために動いているのだから、加害者がふえる
ということは、この犯罪を知る人間が増えるということ。
被害者の皆さん。がんばりましょう。つよくなりましょう。
いつも自分にいいきかせています。
はやく平和がもどりますように。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント