スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を視る

とにかくモーター音がうるさく、頭がしめつけられて苦しいので
いてもたってもいられなくなり、あわてて窓の外をのぞく。
すると、裏の加害者宅の屋根に宇宙船のようなものがいる。
なかにいるのは、若い大学生のような子が7,8人。
私は窓から身をのりだして、必死に訴える。
  
 「どうしてひとを苦しめるん?
  その技術がすごいのはわかるけど、人のためになることに
  使うべきじゃない?」
  
最後のほうはうまく口がまわらないのを必死に動かした。
とにかく声をだそうにも出ず、苦しい。

訴えをきく若者は、薄ら笑いをうかべながら困惑していた。

するとその向こうに本物の首謀者がいることに気付き、みるみる
恐怖心に支配された。
なんども、なんども何かを叫んでいた。


覚醒。


夢と同じ異常に大きなモーター音がそのままする。
ベランダに出ると、モーター音は上昇し、それとともに体が熱くなる。

最近は毎晩大きなモーター音がやまない。
 
スポンサーサイト

選挙後

選挙後、被害が悪化している。
これは何を意味しているのでしょうか。
日本はどの道を選択したのでしょう。
加害者たちは我が物顔です。
特にパトカーは連日あらわれる。

めにみえぬもの

今、めにみえぬ放射能に苦しめられている人々がおられます。
テクノロジー犯罪、集団ストーカーの被害者は
めにはみえぬ電磁波や超音波やスカラー波に苦しめられている。
この犯罪の被害にあわなければ到底信じられない『思考盗聴』。
これらの電波によって現実におこなわれています。
世の中は認識の何倍も進んでいるのです。
それは平凡な町のなかでおこなわれているのです。

風も昼の星もめにはみえない。
ひとのやさしさやほんとの気持ちもめにはみえない。
みえないけれどもある。
それを感じるのが生ける動物としての『ひと』なのではとおもう
日々です。
 
 
 
 
 

 
 
 



よるの帯電

毎夜毎夜のぶつぎり睡眠。
覚醒時の帯電はひどい。
必死で除電し、2・3時間で起こされる。
帯電量をはかる計測器があればよいのに。
そうすれば数値でこの異常事態をあらわせる。
様々な計測器があるのに、なぜ手頃なものがないのでしょうか。

よる、ふかふかのふとんに入り、安心して、ぐっすりと眠りたい!!
現在は寝床難民で、毎夜何度も寝場所をかえてねている。
ふつうに眠れる人がうらやましい。
よる、電気攻撃されない人がうらやましい。
不自然な夢から解放されたい。
わたしは一日中、帯電でわなないている。
プロフィール

Author:ぎんのよる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。